TRYBAL

個性や好みで表現が変わるトライバルタトゥー

個性や好みによって無限に表現ができるトライバルタトゥー。サイズや複雑さによって料金が異なってきます。好みの仕上がりにするため、当店ではカウンセリングが必須です。
 
 

GALLERY

 

■トライバルタトゥーとは

トライバル(tribal)の語源は、『種族の』『部族の』『民族的な』などです。トライバルタトゥーとは 元々は部族のタトゥーが始まりで、タヒチ、サモア、マオリなど、部族それぞれの伝統的タトゥーをポリネシアンタトゥー(polynesian tattoo)といい、現在でも伝統に沿って行われるタトゥーです。意味的には自分をより魅力的に見せたり、社会的ステータスを示したり、既婚のサインであったりと様々ですが、宗教的・呪術的に精神世界と深く関わる例も多く見られます。上記のような伝統的なデザインの他に、黒一色で塗りつぶすデザイン化された様々な幾何学模様から構成されたデザインをトライバルタトゥーと呼んでいます。

■現代的なトライバルタトゥー

部族で扱うトライバルタトゥーの色は、煤(スス)から作った黒色です。人体に対して安全で、しかもどこにでもある素材ということで使用されてきました。現代のトライバルタトゥーへの一般的な解釈は、黒一色で塗りつぶしたデザインのタトゥーであれば、トライバルタトゥーとであるという傾向が定着しています。幾何学模様を組み合わせたデザイン、動物をモチーフにしたデザイン、花や蔦などをモチーフにしたデザインなどが挙げられます。

■無限に表現できるトライバルタトゥー

抽象的な紋様のトライバルデザインの他に、動物や植物などのモチーフをトライバル風にアレンジして表現するデザインや、日本の伝統的な和彫りをトライバル風にアレンジして表現するデザインなど多くの表現方法があり、ラインや紋様の組み合わせ方だけでも多くの表現ができます。好みによってデザインの表現が大きく異なってきますので、カウンセリングにて自分の好みをしっかり伝えましょう。

Language